カジノのゲームエリアでの写真撮影は許される?

歴史的に見て、ほとんどのカジノでは、ゲームエリアでの写真撮影が禁止されており、すべての入り口に撮影禁止ルールを知らせる看板があります。写真撮影がNGである理由は、セキュリティとプライバシーのためです。

カジノでは、不正行為を防止し、すべてのゲストを慎重に扱うことを心がけています。そのため、誰もがスマートフォンを持つ前の時代には、カジノにカメラを持ち込む人は通常、不正行為や強盗などのために監視を行う悪い動機を持った人だと認識されていたのです。

少し馬鹿げているように聞こえるかもしれませんが、テクノロジーが発達した現在でも、カジノ犯罪は存在しており、写真撮影は未だに禁止されています。誰かに写真撮影されることによって、セキュリティのレベルが非難されることを懸念するカジノもありますが、ほとんどのカジノでは、SNSへの写真の投稿は大きなメリットになっています。

そのせいか、最近では、一部の規制がある程度緩和され、友人との写真やマシンとのセルフィーを許容するカジノも増えています。しかしそれでも、あまり目立ちすぎないように、一定のマナーを守って撮影する必要があるでしょう。

今日では、カジノの施設内、特にゲームエリアでの写真撮影に関しては、カジノごとに異なるルールを掲げています。例えば、米・ラスベガスの有名カジノである「シーザーズ・パレス」はいまだに写真撮影を禁止していますが、「フォー・クィーンズ・ホテル・アンド・カジノ」では何年も前から許可しています(なお動画はいまだに不可)。

ほかにも、サムズタウン、フリーモント、カリフォルニア、ゴールドコーストなどのBoyd系列のカジノでは、カジノ内での写真撮影が許可されていますが、それでもセルフィー写真だけにとどめるのが無難です。

また、カメラ付きの携帯電話/スマホをカジノ内に持ち込むことはできますが、誤解等を避けるために、使用する際には慎重に使うようにしましょう。

友人と一緒にバーでドリンクを飲んでいるところ、レストランで食事をしているところ、カジノ内の装飾品と一緒にポーズをとっているところなどは撮影しても良いですが、ポーカーをしているところ、スロットマシンをプレイしているところ、レースやスポーツブックを楽しんでいるところなどは、いまだにタブーとなっているかもしれません。

もし、何かを撮影しようとしたところに警備員が現れたら、「すみません」と丁寧に謝って、携帯電話をしまいましょう。

前述したように、携帯電話でのカメラの使用は、現在では許されていますが、特殊なカメラや一眼レフに似たものを使うことは、いまだ法律で規制されているため、禁止となっています。なお、三脚や自撮り棒の使用も同様です。プロの写真撮影機材は、ほとんどのカジノで禁止されており、使用すると追い出される場合もあります。

自分が今やっていることが許されるかどうかを確認したい場合は、カジノでの撮影ルールを詳しく説明した看板を探してみてください。これは通常、カジノのエントランスやゲームエリア全域に表示されています。

看板が見当たらない場合は、カジノは撮影禁止を強制できないため、好きなように撮影できますが、それでも注意が必要です。看板が表示されていないがために安心して写真を撮った後に、もし警備員に声をかけられた場合は、ルール表記を見せてもらえるようにお願いしましょう。ただし、警備員がルール表記を見せられないのであれば、カジノに強制されられる権限はありませんが、決して歓迎はされないでしょう。